記事一覧

南ドブでは?

ファイル 26-1.jpg
ファイル 26-2.jpg
ファイル 26-3.jpg
ファイル 26-4.jpg

この時期ほとんど行く人がいない南ドブです。
何が咲いているのでしょうか?
クマツヅラ科の カリガネソウ が咲いてます。
タムラソウ も満開です。
案内所の南にはヨツバヒヨドリが
ピークは過ぎたようです。

カヤの平の盆花

ファイル 25-1.jpg
ファイル 25-2.jpg
ファイル 25-3.jpg
ファイル 25-4.jpg
ファイル 25-5.jpg

といえば、ヤナギラン です。
今は使われなくなった第三牧場に咲いてます。
東回りの遊歩道の東屋からちょっといくと見られます。
崩壊地を求めてどんどん移動して咲くお花です。
トンビマイタケですが、ヤナギランを撮影に行った栗林さんが発見しました。
 それにしても でっかいなー!

戸隠へ行きました

ファイル 24-1.jpg
ファイル 24-2.jpg
ファイル 24-3.jpg
ファイル 24-4.jpg

中部森林管理局の/高山植物等保護対策協議会/のパトロールに
ちょっと顔を出してきました。
森林植物園の入り口にはクマさんの看板が、
カヤの平に無い ノブキ
鏡池 と 小鳥ヶ池

やっぱにぎわってますね。

超!目立たないお花 in北ドブ

ファイル 23-1.jpg
ファイル 23-2.jpg
ファイル 23-3.jpg

詳しい同定は難しいですが
アカネ科 ヤエムグラ属 ヤマムグラ? 

二番目は
オトギリソウ科 オトギリソウ属 サワオトギリ でしょう。

三番目は
これは間違いなく ウメバチソウ つぼみ です。

静かな湿原となり

ファイル 22-1.jpg

北ドブではすっかりお花が変わってきました。
コオニユリ、コバギボウシ、マルバダケブキなどが満開です。
ミズギク、メタカラコウ、ヤナギランが咲き始め、ウメバチソウ、イワショウブ、アキノキリンソウ、ツルニンジンなどがつぼみをふくらませてます。

夏キノコが真っ盛り

ファイル 21-1.jpg
ファイル 21-2.jpg

夏キノコが勢ぞろいしました。
アカヤマドリ、タマゴタケ、チチタケなどが一気に出てきました。
 
オタマジャクシも後ろ足が出て、もう一週間もすれば水槽から這出るでしょう。

今日の北ドブ湿原

ファイル 20-1.jpg
ファイル 20-2.jpg
ファイル 20-3.jpg
ファイル 20-4.jpg
ファイル 20-5.jpg

7月23日(金)
ここ1,550mの北ドブでも猛烈に暑かったです!
木道に座り込んで撮影しているとじりじりと焼けてきました。

コバギボウシが咲き始まりました。
長く飛べずに固まってしまったワタスゲの種は真下に落ちるのみ、
ニッコウキスゲはあと一週間ぐらいでしょうか。

モウセンゴケの花が盛っています。
今年のモウセンゴケの花数はかなり多いです。

ミズギクももうちょっとで開くところです。

おなじみのコオニユリは今が満開です。

そして、林内ではノリウツギがいっせいに咲き始まりました。

よく晴れわたり、爽快でした

ファイル 19-1.jpg
ファイル 19-2.jpg

農村文明塾inカヤの平 の一日です。
中村浩先生には3年ぶりに来てお話していただきました。

コオニユリも咲きました。

雨降り続き、季節は進み

ファイル 18-2.jpg
ファイル 18-3.jpg
ファイル 18-4.jpg

今日(15日)は北信森林管理署の三井さんにお願いし、北ドブ湿原の写真を撮っていただきました。
今年はニッコウキスゲよりもワタスゲですね!

案内所の水槽です。
大小の2段階に成長しています。

いつもの牧場のミズナラの洞でお亡くなりになってたキツネさんです。
数日前のことでしょう。合掌

8分咲き ぐらいになってきました

ファイル 17-1.jpg
ファイル 17-2.jpg

咲き終わった花がまだあまり目立たない今が一番きれいに見えますよー!
そして、あの希少種サワランがたっくさん咲いています。
木道から50~60センチのところにも咲いています。
大きな異変を感じながら、どうなっていくのかなぁー?