記事一覧

北ドブ湿原へ 見に行きました!

ファイル 36-1.jpg
ファイル 36-2.jpg
ファイル 36-3.jpg
ファイル 36-4.jpg
ファイル 36-5.jpg

そろそろ湿原のお花が・・・・
気になり、今朝出かけてきました。
クロイロコウガイビルですが、小さい時は黒くないんですね。
なんと2箇所にキイロスッポンタケがあり、大きなハエが飛び回ってました。
湿原の中の低い視線の中にはトキソウとタテヤマリンソドウが、タテヤマリンドウはもう種をつけてます。
一番見ごろなのはヒオウギアヤメでした。
ニッコウキスゲはというとまだチラホラといった感じであと一週間後が見ごろとなりますね!

雨の中のレポート

ファイル 35-1.jpg
ファイル 35-2.jpg
ファイル 35-3.jpg
ファイル 35-4.jpg
ファイル 35-5.jpg

梅雨本番となりました。
牧場に牛さんが入り、いつもの景色となりました。
レンゲツツジとナナカマドが咲き始め、タケノコ狩りもそろそろおしまいかな。
オオセンチコガネと○○くんがいました。

偵察2回目 ブナ開葉!

ファイル 34-1.jpg
ファイル 34-2.jpg
ファイル 34-3.jpg
ファイル 34-4.jpg
ファイル 34-5.jpg

いよいよはじまりましたよ。
思ったよりもずっと雪溶けが進んでいました。
まずは水道から水を出す準備をします。
水源近くまで上って行きドレンバルブを閉めたりの作業です。
すでにカッコウさんが気持ちよく鳴いていました。
ブナ教育園のブナも開葉が始まっています。
清水平林道のオープンは6月3日(糠塚ゲート開放)から、
県道奥志賀公園栄線のオープンは6月17日(現時点では)
震災で壊れた道路の補修工事が大変で遅れるのだと思います。
今シーズンはゆっくりスタートします。

今年初レポート

ファイル 33-1.jpg
ファイル 33-2.jpg
ファイル 33-3.jpg
ファイル 33-4.jpg
ファイル 33-5.jpg

本日、カヤの平へ行ってきました!
環境保全研究所の堀田さんと調査を兼ねて見てきました。
積雪は牧場で150センチありますね。
見た範囲では地震による影響はほとんど受けていませんでした。
カケス、コガラ、ヒガラ、アカゲラ、ゴジュウカラ
ニュウナイスズメ、フクロウ、などに出会えましたよ!

北ドブ湿原のようす

ファイル 32-1.jpg
ファイル 32-2.jpg
ファイル 32-3.jpg
ファイル 32-4.jpg

おとといのデータになりますが、すみません。
まず、西回りの道になります。
ザトウムシが活発に動いていました。
ブナの色付きはなんとかいい色になりました。
空が真っ青ですっきりさわやかでした。

信大ブナ教育園の中

ファイル 31-1.jpg
ファイル 31-2.jpg
ファイル 31-3.jpg
ファイル 31-4.jpg
ファイル 31-5.jpg

だいぶ黄葉が進んできましたが、全体的にはもうちょっとです。
ただ、中には落葉真っ最中のブナもありますね。
さらにすっかり落葉してしまったオオカメノキです。
ツノハシバミの雄花の芽が伸びてきました。
どのナナカマドをみてもこんな感じで色づく気配すらありません。
ダケカンバも同様で、枯れた葉が見ている前で落葉しています。
木本がかなりの至難に立たされている状況です。

ブナの森の黄葉は?

ファイル 30-1.jpg
ファイル 30-2.jpg
ファイル 30-3.jpg
ファイル 30-4.jpg
ファイル 30-5.jpg

パラパラというより、ばらばらです。
色付く前に落葉しているブナもあります。
かろうじて、ヤマウルシのきれいなところがありました。
北ドブ湿原のサワフタギの実です。
同じく湿原のコマユミの紅葉です。

全体になんか、森が生き生きしていませんね!
キラっと輝くところがわずかしかありません。
湿原のコマユミにいたっては枯れてしまっているのが目立ちました。
どこか病んでいるようです。
さぁ~ 何が原因なのかなぁー 
地球温暖化? 大気汚染? 

森が病むことは いずれ人間も病むことになります。
その前に、人間が病んで久しいから森も病んでしまったのか?
日本の国の中だけではもう解決しない大問題です。
はやく、みんなで話合い、なんとかしましょう。

高原で見かけます

ファイル 29-1.jpg

案内所の中に入ってきました。
よーく観察しても?
ヤンマ系の♀っぽいかなー?

撮影して逃がしてあげると、
すかさず、♂が来てくわえてつれていきました。
そのときの♂をみてすぐに分かりました。

水色の涼しい輝きを放っていました。
オオルリボシヤンマ でした。

見回りしてきました。

ファイル 28-1.jpg
ファイル 28-2.jpg
ファイル 28-3.jpg
ファイル 28-4.jpg
ファイル 28-5.jpg

秋の花も終わりそうな高原となっています。
紅葉する前に枯れてしまうハウチワカエデにザトウムシさんがいました。
北ドブ湿原ではトリカブトが満開です。タムラソウがかろうじてまだ残っています。
ウメバチソウも実となり始めています。
○○センキュウ?○○ニュウ?
高標山に登ってきた勝川さんに撮影してきてもらいました。

ヒメウラナミジャノメ

ファイル 27-1.jpg

が、案内所に入ってきました。
ここでは珍客でした。